思考の鳥は霧の彼方へ飛ぶ

比較的、当たり前の事を偉そうに書いて自己確認を行うブログです。 自慰的行為なのは自分自身認めざるを得ないんで、ただの確認作業と思って見てください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

行かなくては、ならない

当てが無くなったと思った矢先に違う当てが出来る辺り俺は不幸なんだろうな…
まあ、人がどう思うかというのは一旦置いておくが

非常に諦めの悪い男で全くもって申し訳ないが、そうなっちまったんだから仕方ねぇやなゲハハハハ


どうでも良いが、1Q84の青豆と牛河には共感できるが、天吾には全く共感出来ない俺は駄目な気がする。

さて、まあ良いや
行くアテも無いが行かなきゃならねぇ、だから行く。
どこにと聴かれりゃ答えよう。
分かんねえ、風にでも聴いてくんな
スポンサーサイト
  1. 2010/05/03(月) 23:23:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

正論は正しく

正論は正しく、更に人の心を揺さぶれない
結局はただの批判でしかない
いわば、北極星のようなモノだ。
揺るぎないが輝きに目を奪われはしない。
だが、揺るぎなさ故に自己の位置は分かる。
別に俺は遭難しそうな訳でもないし、一般的な正しい道を歩む為に生きている訳でもない。
俺が狂ったとしたらそれは俺が望んで狂っている。
奇妙な方向に歩いているなら歩ける道が他に無かったのかもしれない。

正論らしいものは一応一式揃っちゃいる。活用したくはないだけだ

おかげ様でなんとなく正論を言っておけば良いと思っているような人には腹が立つ。
大抵は言ったら言いっぱなしで終わるような人だ。
とりあえずの場つなぎでしかないと分かっていれば、俺は付き合わない。邪魔で仕方ない。
人生経験の足りなさが見えるだけだ。
いっそ、子曰くとか言って論語でも語ってくれ。
その方が素敵だ。
  1. 2010/03/15(月) 21:27:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

誰にやるかよ

俺の苦しみも悲しみも痛みも全て俺の物だ
誰がくれてやるものか、
  1. 2010/02/24(水) 22:40:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

どうなんだか

俺自身に自覚は無いのにどうやら人の役に立っていたらしく、礼を言われる、そういう事実は時折俺を困惑させる。
相手は老若男女問わずだ。
すまないが、良く分からない。
居るだけで良いとはいかなる事なのか…
俺は役に立つならば多少の実感が欲しい。
たいていは不安という名のモノだが
俺はアレをああしたが、果たしてアノ選択で良かったのだろうか、展開次第では悪化する可能性が高い、もっとより良い方法は有ったのではないか、とそういう不安だ。
十全では無いにしろ、変異対応がきくベターが好みだ。
手を出して助けた実感が無いのに、礼を言われるのは、分からん。
…分からんな。

俺がそういう風に思う事が無いからか?
あの人が居れば安心だって思うような信頼感なのだろうか、違うな。
  1. 2010/01/29(金) 20:56:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

そうだな、逆らうよ

天の采配とは分からんモンで
望みを投げ捨てる為に、重い腰を上げ、腕に力を込め、投げるモーションの最中、捨てようとした望みが微かながらにキラリと輝く。
見間違えではない輝きがな…
その輝きは恐ろしい。
全てを捨てる気が無くなる。
輝きを増やす努力をしなければならない。
俺に出来るのだろうか

やらなければ、ならない

いつの日か、俺がまともになるために
今じゃない、いつの日か

俺は落ちていく
  1. 2010/01/14(木) 20:02:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

波場機

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。